補助金・経営力向上計画・資金調達をお考えの方は
小林公認会計士事務所にお任せください!

小林公認会計士事務所

〒603-8178 京都市北区紫竹下梅ノ木町58-1(北大路駅から徒歩約6分)
〒601-8006 京都市南区東九条東岩本町15-22-102(JR京都駅八条口から徒歩5分)

お気軽にお問合せください

075-495-1320
メール
soudan@kobyas.com
営業時間
9:30〜17:30 
経営力向上計画

経営力向上計画とは?

中小企業・小規模事業者等は、業種の特性を踏まえつつ、顧客データの分析を通じた商品・サービスの見直し、

IT を活用した財務管理の高度化、人材育成、設備投資等により経営力を向上して実施する

事業計画(「経営力向上計画」)について、国の認定を得ることができます。

小林公認会計士事務所は経営力向上計画の認定実績が多数ございます!!

経営力向上計画を策定するメリット

経営力向上計画は補助金・優遇税制・制度融資など

公的制度を活用するために必要な「経営のパスポート」です。

下記の制度を利用するためには

事前に経営力向上計画の認定を受けることが必要となります。

経営力強化税制

青色申告書を提出する中小企業者等が、指定期間内に中小企業等経営強化法の認定を受けた、

経営力向上計画に基づき設備を新規取得等して指定事業の用に供した場合、

即時償却または取得価額の10%(資本金3000万円超1億円以下の法人は7%)の

税額控除を選択することができます。

上記のとおり、設備取得は経営力向上計画の認定後に取得することが【原則】です。

原則に従うことができない場合には、

設備取得から60日以内に経営力向上計画が受理される必要があります。

所得拡大促進税制の上乗せ

従来制度の控除率10%から支援を深堀りし、控除率15%へ。

2.5%以上の賃上げに加えて人材投資や生産性向上に取り組む企業には、

さらに控除率22%から25%へ引き上げられます。

 

M&Aに係る税負担の軽減

認定を受けた経営力向上計画に基づいて、再編・統合をおこなった際にかかる

登録免許税・不動産取得税を軽減することで、次世代への経営引継ぎを

加速させる措置が創設されました。

新事業活動促進資金

日本政策金融公庫による新事業活動促進資金と新事業に乗り出す際につきまとう

資金力の問題を解消、サポートするために設けられた支援制度です。

新たな事業に乗り出そうとする企業に対して有利な条件で資金が融資されます。

新事業活動促進資金を受けることで、政策金融公庫が掲げる基準金利-0.9%の

設備資金の融資を受けることができる可能性があります。

ものづくり補助金(補助上限額:1,000万円)

革新的サービス、開発・試作品開発・生産性プロセス改善をおこなうための

設備投資が支援される補助金

 

事業承継補助金(補助額:150万円~1,200万円)

事業承継やM&Aなどをきっかけとした、中小企業の新しいチャレンジを応援する制度です。

経営者の交代後に経営革新等をおこなう場合(Ⅰ型)や、

事業の再編・統合等の実施後に経営革新等をおこなう場合(Ⅱ型)に、必要な経費が補助されます。

 

小規模事業者持続化補助金(補助上限額:50万円)

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、

小規模事業者が商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、

その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部が補助されます。

経営力向上計画の認定には事業計画の策定が必要です。
実績10件以上の小林公認会計士事務所に安心してお任せください

計画認定までの流れ

小林公認会計士事務所へのお問合せはこちら

お気軽にお問合せください

補助金・経営力向上計画・資金調達など
お気軽にお問い合わせください。

075-495-1320

受付時間:9:30~17:30

お問合せはこちら

ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-000-000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。